FXとはどんなもの?

FXという言葉、皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
何となくは知っているけどあまりよく理解していない、という方に簡単に説明してみましょう。


FXとは外国為替取引というものです。
このふたつの言葉は同じことを言っている、ということ。
平たくいうと、お金でお金をそのときの為替レートで買い、売りたいと思ったときの為替レートで売る、ということなのです。
アメリカドル、ユーロ、ニュージランドドル、ポンドなどの外国の通貨を日本円で買うことで、毎日変わる為替レートによって利益が出たり、場合によっては損をするのです。


FXで外国の通貨を買うには、FXを取り扱っている会社に口座を開いて買うことになります。
FXが注目されている理由は何なのでしょうか?それは取引が少額で始められること。
また現在はネットで取引が行えるため、24時間いつでも取引できる、ということ。


また外貨預金などに比べても、手数料の面でも安くなっていることなどが挙げられます。
こういった魅力から、20代の若い方でも自己資金で始める、というかたがいるんですね。


このように入り口はとても分かりやすくなっているFXですが、やはり必ずしも儲かるばかりではない、というもの事実です。
ここではFXで利益がでるしくみやについて、またFXで損をしないようにするには、どういったことを気をつけるべきなのか、といったことを解説します。
まずは基本を押さえてから、始めてみましょう。


Copyright © 2014 FXで損をしないためには All Rights Reserved.